上映作品


 


『家族マニュアル』




上 映:16:50〜19:15
会 場:フォーラム那須塩原


2019年/30min
監督・脚本: 内田英治
出演:平田満/小西貴大/山中雄輔/山本篤士/竹田光呂/松尾英太郎/飯田隆裕



家電メーカーに勤める山田二郎(平田満)は、取扱説明書を作成するマニュアル課の課長である。二郎は、人生のすべてを計画通りに進める為、日常生活のマニュアル作成にも余念がない。部下の柴田(松尾英太郎)や池内(飯田隆裕)は社内の研修マニュアルにさえ細かい指摘をしてくる二郎に嫌気がさしていた。そんな二郎もついに60歳で定年退職を迎え、退職後の人生を計画的に過ごそうとしていた。しかし、そんな矢先に健康診断でガンであると宣告され、二郎の80歳までの人生計画が狂い始めた―。二郎は、人生最後のマニュアル“山田家 家族取扱マニュアル”を作成し、長男(山中雄輔)、次男(山本篤士)、三男(小西貴大)の3人の息子たちの元を訪れことにするが…。


チケットのお買いお求め


・プログラムDのみ(1,000円) 
・一日券(3,000円) 


監  督

内田英治


リオデジャネイロ生まれ。週刊プレイボーイ記者を経て『教習所物語』(TBS)で脚本家デビュー。
2004年に映画『ガチャポン!』、ドラマ『劇団演技者。』(フジテレビ)で監督デビュー。2014『グレイトフルデッド』はブリュッセル・ファンタスティック映画祭ほか多くの映画祭で上映され、次作『下衆の愛』はテアトル新宿にてスマッシュヒットを記録し、東京国際映画祭、ロッテルダム映画祭など50以上の海外映画祭にて上映。イギリス、ドイツなどで公開され、イタリアではリメイクをされた。Taste of Cinema2016では日本映画祭部門の5位にランクイン。続く『獣道』も国内外で高い評価を受けた。現在はNetflixオリジナルシリーズ『全裸監督』(主演 山田孝之)の脚本監督を担当。テレビ東京ドラマ24「Iターン」でも同じく脚本監督を担当。




2019年夏、ドラマ・映像界の話題をさらった山田孝之さん主演の「全裸監督」がNetflixにて配信されていたのは記憶に新しいことかと思いますが、その作品で脚本・監督を担当された内田英治監督がなんと!「なすしおばら映画祭」に来てくれることになりました!



ゲスト出演

森谷雄


株式会社アットムービー代表取締役。 「天体観測」(フジテレビ)、「ザ・クイズショウ」(日本テレビ)、「深夜食堂」(毎日放送)、「みんな!エスパーだよ!」(テレビ東京)などの連続ドラマをプロデュース。映画作品は『シムソンズ』(06)、『Little DJ 小さな恋の物語』(07)、『ぼくたちと駐在さんの700日戦争』(08)、『しあわせのパン』(12)、『ぶどうのなみだ』(14)、『プリンシパル〜恋する私はヒロインですか?』、『曇天に笑う』(18)ほか多数。2019年には『そらのレストラン』が公開した。監督作品に『サムライフ』(15)、『アニバーサリー』(16)がある。著書に「母への100の質問状」「シムソンズ」などがある。2017年より愛知県豊橋市にて開催の「ええじゃないかとよはし映画祭」のプロデューサーも務める。




プログラムDは高崎映画祭、ええじゃないか とよはし映画祭、さぬき映画祭の各プロデューサー陣をお迎えしての「シネマサーキットプログラム」として構成しています。
各地映画祭でのご経験をもとに「なすしおばら映画祭」に期待することなどお話しが聞けそうです。なすしおばら映画祭に限らず、色々な映画・映画祭をがっちり楽しむためにも是非お話しを聞いてみたいですね♪



Contact

主催:那須塩原市ART369プロジェクト実行委員会



ART369プロジェクト実行委員会事務局(那須塩原市シティプロモーション課)

栃木県那須塩原市共墾社108番地2
TEL:0287-62-7128


パンフレットダウンロード 

チラシダウンロード