上映作品


 


『映画祭のつくり方』




上 映:16:50〜19:15
会 場:フォーラム那須塩原


2019年/57min
監督:尾野慎太郎
出演:本広克行監督/香川県の皆様/ゲストの皆様



「映画の面白さを地元の人に伝えたい」 さぬき映画祭2013からディレクターに就任した本広克行監督にカメラが密着して7年。
会場探しから、資金集め、チラシ折込を監督自ら行い、ときには渋滞、大雪に見舞われながら次々とやってくる大物ゲストの対応に走り回る! 現役映画監督✖️行政✖️地元の人々が作り上げるお祭りの舞台裏密着ドキュメンタリー!
毎年新たに撮影した素材を追加して編集が変わるバージョンアップムービー2019最新版!


チケットのお買いお求め


・プログラムDのみ(1,000円) 
・一日券(3,000円) 


監  督

尾野慎太郎


武蔵野美術大学で写真と映像を学んだのち、映像制作会社に入社。 本広克行氏と知り合ったことを機に退職し、さぬき映画祭の舞台裏を追いかけたドキュメンタリー映画「映画祭のつくり方」を監督(2012年から更新中〜)



ゲスト出演

丸山靖博


1967年熊本県生まれ。(株)ロボット執行役員 コンテンツ本部副本部長。
広告CMからコンテンツ、イベントまで幅広くプロデュース

近年は『若手アニメーション作家支援プロジェクトHAG』(14〜)や『東京シネマサロン』などを主宰し若手の育成に注力している。本広克行監督がディレクターを務める『さぬき映画祭』では2014年〜2019年までプロデューサーを務める。
主な企画プロデュース作品
配信ドラマ『I am GHOST』(09)
映画『沖縄美ら海水族館 海からのメッセージ』(14)
映画『We are REDS! THE MOVIE 開幕までの7日間』(14)
映画『We are REDS! THE MOVIE minna minna minna』(15)




プログラムDは高崎映画祭、ええじゃないか とよはし映画祭、さぬき映画祭の各プロデューサー陣をお迎えしての「シネマサーキットプログラム」として構成しています。
各地映画祭でのご経験をもとに「なすしおばら映画祭」に期待することなどお話しが聞けそうです。なすしおばら映画祭に限らず、色々な映画・映画祭をがっちり楽しむためにも是非お話しを聞いてみたいですね♪



Contact

主催:那須塩原市ART369プロジェクト実行委員会



ART369プロジェクト実行委員会事務局(那須塩原市シティプロモーション課)

栃木県那須塩原市共墾社108番地2
TEL:0287-62-7128


パンフレットダウンロード 

チラシダウンロード